学校紹介

東京YMCA 医療福祉専門学校とは

「互いに愛し合いなさい」

ともすれば人間らしさを見失いそうになる現代社会の中、私たちが忘れてはならない優しさ思いやり、それはそのまま医療福祉の原点でもあります。
東京YMCA医療福祉専門学校は、世界最大の非営利団体YMCAの一員、東京YMCAによって1996年に設立されました。その指導の根本には、真に平和で優しい社会の実現に貢献する人を育てる、というYMCAの精神があります。
生きるために他人の手を必要とする人々を直接支える介護福祉士、作業療法士には、専門知識や技術だけでなく、常に笑顔と優しさをもって人に接することができる豊かな人間性が求められています。
人間愛に基づいた本物の医療・福祉を実現できるスペシャリストになっていただきたいと、私たちは心から願っています。

学校概要

介護福祉科【昼間部2年生】

厚生労働大臣指定 介護福祉士養成学校
卒業時に介護福祉士(国家資格)受験資格を取得

作業療法学科【昼間部3年生】

厚生労働大臣指定 作業療法士養成学校
卒業時に作業療法士(国家資格)受験資格を取得

教育理念

アドミッションポリシー(入学者受け入れの方針)

  • 生きるために他人の手を必要とする人々を直接支える介護福祉士、作業療法士となって社会で活躍したいと思っている人。
  • 常に笑顔と優しさをもって人に接することができるよう心がけている人。
  • 人間愛に基づいた医療・福祉を実現するスペシャリストになる意欲がある人。

人はそれぞれ異なる背景をもって生きています。生活習慣、伝統、宗教、文化、歴史などの生活していく上での多様性に加えて、体格、性別、年齢、人柄など個人個人の生まれ持った個性もまた違いがあります。それらの違いに気づき、互いの存在に敬意を払い、その違いにこそ価値がある事を感じ取れる人と共に学んでいきたいと考えています。

  • 介護福祉士、作業療法士という職への理解があり、自らもそれを志す気持ちを持っていること。
  • カレッジスピリット「互いに愛し合いなさい」を理解しようとしていること。
  • 異なる価値観や文化、性別などに偏見を持たず、様々な人々と良好な関係を築き、協働することができるようになろうとしていること。
  • 他者の考え方や主張に耳を傾け、自分の考え方や意見を表現できるようになろうとしていること。
これらの事を学生生活を通して教職員と共に学ぶ事が出きるような学生を受け入れたいと考えています。


カリキュラムポリシー(教育課程編成・実施の方針)

専門職に求められる能力・知識・技術においては、必要なレベルをクリアしながらそれらに裏付けられた実践力を持つのみならず、真に対象者に寄り添う人間性を備えた介護福祉士、作業療法士を養成するカリキュラム編成を行います。そこでは指定養成施設に求められる指定科目のみならず、専門職に必要とYMCAが考える独自科目についても大胆に取り入れながら、YMCAらしい教育課程の編成を行います。特にカレッジスピリットの「互いに愛し合いなさい」に表わされるキリスト教の精神を基本にしながら教育課程を編成します。
さらに多様な側面から人間理解をし、他者を受け入れていくことを学ぶ教育課程であるように努めます。本校の教育課程を通じて専門職に求められる資質が「みつかり」、他者と共に喜びや悲しみを分かち合う経験を重ねて「つながる」ことの大切さを理解してほしいと考えています。
具体的な授業ではグループワークの手法を多用していきます。専門分野での学びを個人として積み重ねるだけでなく他者と共に学ぶことを大切にします。グループメンバーと課題を共有した際、他者の考え方や主張を受け止め、そのうえで自分の意見を適切な表現で他者に伝えることができるように経験を重ねてほしいと考えています。同時に、専門職として働くことになる現場での学びも大切にします。実習先との連携を大切にし、学生一人一人の成長につながるような授業展開を実習指導者も巻き込みながら行います。
その上で地域とのつながりを大切にし、地域に育てられる学生という姿を想定しながらもう一つの教育課程として積極的に地域資源を用いること、発見していくことを進めます。 これらの教育課程を進めるために教職員の研鑽の機会を大切にし、自己研鑽に努める姿もまた学生に対して良い刺激になってほしいと考えます。さらに教職員が謙虚に学ぶ姿勢が学生の生涯にわたる専門職人生における道標になってほしいと思っています。

ディプロマポリシー(卒業単位認定・称号授与の方針)

アドミッションポリシーにより入学してきた学生たちが、カリキュラムポリシーに従って編成された教育課程を経て卒業していこうとしている際、本校で大切にしていることは次の通りです。
専門職として一人前の素養を身に着け、同時に社会人としては新米であることを自覚しながら現場に入っていく難しさを克服したい、と思っていることを応援したいと思います。
自らが専門職として成長し、一人前になろうとすればするほど到達すべきポイントが向こうに逃げていく、そういうことをしっかりと認識ができて自分の選んだ道はそういうものだということをリアルに理解できる人材を社会に送り出します。特に専門学校では専門分野の教育に多くの力が割かれますが、その後の人生では教養の大切さも理解しながら生きていける視野を持った卒業生であってほしいと思っています。
謙虚で、感謝を忘れず、他者の状況を自らのこととして実感を持って理解し、同時に社会の仕組みの中でいろいろな現実を正確に理解する力を持った学生を送り出します。
そのように育てられた卒業生は、様々な対象者や同僚に出会った際に「誰も取り残さない」姿勢を失うことなく働くことができますし、「互いに愛し合いなさい」の聖句にも沿った働きができることになります。
YMCAの卒業生の働きの場が広がることによってこの地域社会がさらに「よくなっていく」ことになります。同時に卒業生自身の人生も「よくなっていく」ことになります。
私たちはそういう卒業生を送り出します。

沿革

1844年 YMCA設立(設立地ロンドン)
1880年 東京YMCA設立
青少年活動、社会教育活動、ボランティア活動、職業訓練活動など幅広く展開。
多摩地区においても福祉活動に携わっている。
1981年 学校法人 東京YMCA学院発足
1996年 東京YMCA国際福祉専門学校 介護福祉科(2年制)設立
※東京都認可の専修学校
※厚生大臣指定 介護福祉士養成校となる。
2000年 東京YMCA医療福祉専門学校に校名変更
作業療法学科(昼間部3年制)開設
※厚生大臣指定 作業療法士養成校となる。
2006年 開校10周年
2007年 私立専門学校評価研究機構による第三者評価を評価機構発足初年度に受ける。(正会員番号04-0008)
2014年 職業実践専門課程として両学科ともに文部科学大臣から認定される
2015年 開校20周年

東京都内のグループ校紹介

東京YMCA国際ホテル専門学校

  • ホテル科(昼間部2年制)
  • ホテル旅館経営学科(昼間部1年制)

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田2-18-12 TEL:03-3202-7480
https://hotel.ymsch.jp/

東京YMCA社会体育・保育専門学校

  • スポーツインストラクター科(昼間部2年制)
  • スポーツトレーナー科(昼間部2年制)
  • 保育科(昼間部2年制)

〒135-0016 東京都江東区東陽2-2-15 TEL:03-3615-5577
https://sports.ymsch.jp/