介護福祉科[2年制]

本校では、2年間で5回計11週間の介護実習を行います。実習では授業で学んだ知識・技術を実際に活用し、高齢者や障害児・者への総合的な介護活動を実践するための力を養います。

1年次【実習Ⅰ】

3ヶ所の異なる施設で実習を行い、施設の種類や役割を学びます。同時にさまざまな利用者やご家族がそれぞれの日常生活を送っていることや、多職種が連携して介護を行っていることも理解します。デイサービス、グループホーム、重症心身障害児・者施設などで実習をします。

2年次【実習Ⅱ】

前半3週間の実習では、担当利用者を受け持ち、その方の心身の状況、暮らし方、価値観などを理解することを目標とします。後半3週間は、その方の介護計画の立案→実践→評価→まとめを行います。まさに介護福祉士の仕事の実践です。特別養護老人ホーム、老人保健施設などでの実習となります。

年間スケジュール

介護総合演習

介護総合演習では、介護実習に向けての心構えをはじめ、実習に必要な知識・技術の確認、また実習中に実践力を身につけることが出来るように学習します。

介護卒業演習

卒業研究

実習で学んだことに自分なりの視点を加えて論文形式にまとめます。

卒業研究