学生インタビュー

四条 竜 君(2014年度(2年生時)インタビュー)

介護福祉科 在校生都立拝島高等学校卒業

なぜYMCAを選んだのですか?
高校で勧められた事がきっかけです。 もともと人の役に立てる仕事をしたいと思っていましたのでYMCAの介護福祉科は希望に沿った進路でした。 そして実際にオープンキャンパスに来てみたら先生と学生の関係がそれまでの中学や高校で知っているものとは大きく違っていました。ここの学校では一人一人が本当に大切にされているように見えたのです。 入学してからもその印象は変わっていません。

入学してみてどうですか?

勉強の難しさは想像以上でした。一つ一つ理解して自分の物にしてゆくのは本当に大変です。でも理解が深まるにつれてもっと知りたいという気持ちが大きくなって来るので、面白さもどんどん膨らんできます。今までの人生で一番勉強しています。

進級できるかも心配でしたが、クラスメイトなどと助け合いながら頑張っています。

将来の希望は?

障害者施設に関心を持っています。託児所のお手伝いをしたときに障害をお持ちのお子さんなどもいて、もっと勉強したい気持ちです。ただ、これから勉強することで変わってくる可能性はあります。