学生インタビュー

林 恵子(2014年クリスマスにインタビュー)

教職員 事務長 教務課の責任者

どんな仕事を担当していますか?
学校のお仕事を全般的に担当しています。 教務課として学生と対応するお仕事や、会計などの事務的なお仕事、校舎や教材の整備などもしています。それ以外に実習先の施設や就職でお世話になっている皆様との接点も持っています。 あと、先生たちが教育に専念できる環境を整えるのも大切な仕事だと思っています。

気に入っているお仕事は何ですか? あと、困ってる事があれば教えてください。

クリスマス礼拝で学生たちと音楽を一緒に演奏するのが楽しいです。あとはスポーツディに学生たちと思いっきり体を動かすのも楽しみです。そうですね、学生たちと一緒に何かできるのが好きですね。

困っている事は特にありませんが、校長が不在の事が多く、何か判断してもらいたい時にいなかったらどうしようと思う事はあります。でも今までとても困ったという事はありません。

学生たちに何を期待しますか?

入学した時の気持ちをしっかり持ち続けて欲しいと思います。YMCAは先着順に定員まで入学させてゆくという学校ではなく、志望動機などをかなり確認しながら入学を許可しています。しかしそうであっても「思ったより勉強が大変」などの理由で気持ちがくじけそうになる事もあります。そういう時には教員や友人、家族などの支えも本当に大切なのですが、それに加えて自分の気持ちの持ち方もとても大切なのではないか、と思います。「自分の気持ちを持ちなおすこと」もまた大切な能力です。

そしてその上で卒業、資格の取得を経て、人を支える仕事に就く事はとても価値のある生き方だと思います。「互いに愛し合いなさい」と言うカレッジスピリットを持ち続けて欲しいと思います。