作業療法学科[3年制]

作業療法士とは?

何らかの原因で心身に障害を持つことになった方が主体的に活動し、充実した生活ができるように、治療・指導・援助を行います。

作業療法士は、障害を持つ方々が生き生きと豊かに生活することを援助するリハビリテーションの専門職です。こどもからお年寄りまで、生活に障害を持つ人に関わり、医療をはじめ、保健、福祉、教育、職業領域と幅広い分野で展開されています。
障害を持った人が人間として主体的に活動し、充実した生活ができるように、作業療法士は諸機能の回復・維持および開発を促す作業活動を用いて治療・指導・援助を行います。技術を獲得するだけでなく、心の動きや身体反応をはじめ人間を総合的に深く学ばなければ適切な対応ができません。この仕事のプロフェッショナルになるための努力は一人の人間として自分を向上させていくことにつながっていきます。

YMCA介護福祉科では…

  • 心身に障害をもった人の「思い」に寄り添い、信頼される作業療法士を育成します。
  • YMCAでは、知識と技術を身につける以外に、キャンプ、夏祭り、ボランティア活動、実習等を通して、人としての成長を大切にしています。
  • 臨床評価実習、臨床総合実習のほかに授業内実習を行い、臨床の現場と密接に関わっています。

YMCA学びのポイント

真の「臨床家」を目指します。
目指すは現場の即戦力となる作業療法士です。プロの臨床家でもある専任教員が、ひとりひとりを大切に育てていきます。
アットホームな環境
学生と教職員が大変近い距離にいます。アットホームな雰囲気の中、厳しさとあたたかさのある指導が受けられます。
  • 実習は僕たちみんなの経験値をあげるんだ!

作業療法士の仕事とは?

子どもからお年寄りまで生活に障害をもつすべての人に関わります。

  • 身体障害の作業療法
    身体障害領域の作業療法では、失った身体の機能を少しでも回復できるように支援します。しかし回復にも限界があることがあります。残された能力を最大限に発揮できるように、その方の身の回りの環境や道具を工夫することも作業療法士の役割です。
    どんな患者さんがいるの?
    • 脳卒中
    • パーキンソン病
    • 脊髄損傷
    • リウマチ
    • 骨折などの外傷 など
    どんなところで働くの?
    • 病院
    • リハビリテーションセンター
    • 院内看護ステーション
  • 精神障害の作業療法
    精神障害は脳内の神経伝達物質のバランスが崩れることで生じるため、誰にでも起こる可能性があります。心の悩みをきっかけに、生活リズムが崩れ、意欲や体力が落ちていき生活の悪循環が生まれます。作業療法士は、それぞれの患者さんにあった楽しみ、自信、生きがいの再発見をお手伝いします。
    どんな患者さんがいるの?
    • 統合失調症
    • うつ病
    • アスペルガー症候群
    • パーソナリティ障害
    • 神経症
    • 依存症
    どんなところで働くの?
    • 精神科病院
    • 社会復帰施設
    • 通所リハビリテーション施設
  • 老年期障害の作業療法
    高齢になると、身体面の衰え、精神面の衰え、認知面の衰えに加え、病気やけがなどによる障害により、今まで一人でできていたことができなくなったり、生活に楽しみを持てなくなることがあります。作業療法士は残された能力やこれまで身につけた技能を活用し、自信を取り戻し、安心して最後まで暮らしていけるよう支援します。
    どんな患者さんがいるの?
    • 認知症
    • 脳卒中
    • 骨折
    • 廃用性症候群
    どんなところで働くの?
    • 療養型医療施設
    • 介護老人保健施設
    • 通所リハビリテーション施設
  • 発達障害の作業療法
    身体や心に障害をがあることで、子どもの発達が妨げられてしまいます。成長ペースにあわせて、運動・学習・生活技能の獲得をめざします。対象は子どもですので、遊びをうまく取り入れ、興味を持ってもらいながら訓練を行います。本人はもちろん、保護者の不安を減らす事も作業療法士の役割です。
    どんな患者さんがいるの?
    • 脳性まひ
    • 精神発達遅滞
    • 自閉症
    • 学習障害
    どんなところで働くの?
    • 療育施設
    • 児童福祉施設
    • 小児科のある病院

YMCAならではの特徴

その1.実践さながらの演習
作業療法士は、障害のある方の心や身体の状態を正確に把握し、治療計画を立てます。障害のある方に来ていただき、演習を行うことで、より現場に近い雰囲気と緊張感の中で効果的な学びができます。
その2.国家試験対策
作業療法士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。YMCAでは、全員合格を目指して1年次から様々な工夫をしながら国家試験対策に取り組んでいます。
その3.縦割り班活動
1年生~3年生までを4グループに分けて班活動を行います。バドミントン大会、お好み焼き作り、喫茶店めぐり、先輩の経験談、実習前壮行会など、内容はいろいろです。同じ目的をもつ先輩後輩同士の交流は、特別な時間です。

助け合うこと、目標達成の近道!